カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

           
 

ハル感想

2013.06.23 Sunday

毒を吐きます。ネタバレもありますので、ご注意。







Twitterで呟くにはネタバレもありますので、控えました。本当に大事なことはTwitterで呟いてはいけません(^_^;)



映画「ハル」を見に行きました。先日見た「言の葉の庭」と同じく、中編アニメーションです。これからこういう中編アニメって流行るのかな?
見るには悪くない尺ではあるけど。でも「言の葉の庭」が46分1000円に対して、「ハル」は50分、1200円。以前「蛍火の杜」という中編アニメーションが44分で1000円でした。



ソレを思うと、「ハル」もできれば1000円でお願いしたかったなあ(^_^;)  ついでいうなら、主観ですが1000円は割りとリピートしやすい金額でもあると思うのよ。



まあ、それでも期待の木皿泉さん脚本のアニメですから、すげ〜楽しみにしていきました。



おおっと、いきなり近未来のロボット「Q01(キューイチ)」が出てきたぞっ。
なんとワタシゃ、ネタバレするのがイヤでほとんど「ハル」に関しては前知識なしで観にいったのよね。だから、「Q01」がでてきてビックリ。これわかる人は即わかるけど、「Q10(キュート)」に続く話になるんだよね。



てっきり原作ありきのアニメかと思いきや(キャラデザインが少女漫画家さんだったので)え?これって劇場オリジナルなわけ?



ならば言わせてもらおう。木皿テイストの脚本が十分に活かされてねえよぉっっっ。(^_^;)



この短時間の中に近未来の話であることを盛り込むには設定の説明が不足していると思うよ。奇しくも本日購入した新海誠さんの「言の葉の庭 Memories of Cinema」にあるとおり、現代ものならその設定的な部分もすっ飛ばせるけど、「ハル」はそうはいかない。



とくに京都の昔ながらの街並みや藍染の伝統工芸の風景を描いているのに、ロボットが出てきたり、価格を調べるID機器、微妙な不法労働のこととか、うーん、ちょっと無理があったんじゃ?
現代に近い普通の暮らしを描きながら、その反面ロボット配下による子供の不法労働とか、ギャップありすぎな。。「お金主義」の世の中になっているのであれば、それは大事なところなので、それでちゃんと描くべきだし、そもそもそうなるとハルとくるみの価値観の違いを表すところだし、そんな二人が出会ったいきさつもなんか想像できなくなってしまうのよねえ。



言ってしまえば、設定にそこまで欲張る必要はなかったと思うだけどなあ…。



しかもあのラストを知っているとサイトの予告は反則でしょう。なんかそれは小説的にはやっちゃいけないことのような気がするんだけどなあ。まあ、ある意味その反則技が効いててのあのラストってことですけどね(^_^;)
もっとも脚本とアニメ制作はコラボではあるけど、別次元のところなんで、その責任は木皿さんにはないんだろうけど。



あと、やっぱりワタシ的には原作ありきじゃないであれば、キャラデザインに不満。なぜにあえて少女漫画テイストにしたのだ?
少女漫画が悪いってことじゃないけど、もっと普通に男女受けするキャラでよかったと思うに、少女漫画チックすぎて、脇キャラも主役二人になじめず…。
またくるみの設定からいうとちゃんと人の痛みをわかる大人の女性(京都でまがりになりにも店を構えているんですよ!!)のはずなのに、どう見ても高校生だろーっっ。(^_^;)幼すぎるよ。



ジブリキャラをおススメするわけではないけど、キャラデザインはあんな少女漫画テイストよりはシンプルな感じでも十分伝わるかと思うんだけど。せめていうなら、海羽野チカさんとかね。あまりお目目キラキラしてないキャラのほうがワタシはよかったなあ。



出てくる小物がとてもステキな分、なんか描ききれていなかった部分が惜しいなあと思う。小さな愛らしいボタンとか端切れだったり、とか、最近見ないよねえ。その昔誰かが大切に使っていたものを新たな雑貨として再生させる仕事がくるみの仕事なら、それをもう少し丁寧に描いてほしかったなあ。



とかなんとか。
そうは言ってもやっぱり木皿さんの「生きることを思い出して欲しいから」とオマケ本に書かれていた木皿さんの部屋にある「明日、あります」という表札。これに凄く感動したりしてるわけです。



うーん、もう一回観にいくとまた視点が変わるかな。



言の葉の庭

2013.06.05 Wednesday

新海誠監督の「言の葉の庭」が現在公開中である。





福岡の劇場まで行けない〜と嘆いていたら、な、なんと映画公開日にiTunesでデータ配信やっているじゃありませんかっ!!
即、大人買いっ。もちろんHD(頒布価格2500円)のほうで。



正直、iPod touchにデータを入れるならSD規格(頒布価格2000円)のほうかなあと迷ったけど、でもまあやっぱり少なくても23インチのパソコンモニタでしっかり見たいもんだから、HDのほうにしましたけどね。
(とか言いつつ、ブルーレイ版も買いますけど…⇒特典でビデオ絵コンテがついてます)



ところがさすがiTunesというべきか、HD版を買ったら、ちゃんとSD版もついてまして、iPod touchでも「言の葉の庭」を観ることが出来ました。ををををっ、これで2500円ならかなりお得ですよ。
(既に5回はリピートしてみてるから、1回500円分にはなってる(爆))



今回の「言の葉の庭」、今までの作品の中で一番好きかも。
もともと「彼女と彼女の猫」からファンであったけど、今回の映像美は圧巻の一言。



しかも「雲のむこう、約束の場所」のような難解さ(爆)はなし。
「秒速5センチメートル」に近い位置づけだけど、ストーリィ自体はもっとシンプル。
誰にでも持ちうる年上の人への憧れが基盤になってて、ワタシゃキャメロン監督の「タイタニック」や「アバター」に近い作品だと思いましたわ。

「タイタニック」も「アバター」もストーリィ自体はすごくシンプルでわかりやすい。コレって国に関係なく、誰にでも共感をもってもらえる内容なんだわ。
で、それを圧倒的な映像で物語を進めているわけで。

もうなんていうか、スゴイすぎるわっ。
しかも今回の「言の葉の庭」って絶妙な46分の長さ。
コレって一時間弱なので、テレビドラマのコマーシャルをすっ飛ばした時間に相当する。
つまりはワタシにとってはリピートしやすい時間設定なんだわ。
(通勤時間も1時間弱ですもんね)



映像が美しいから見飽きない。ストーリィがシンプルだから、感情移入がしやすい。
またヘンに細かく説明していないから、行間を読むような感じで、登場人物たちの描かれていないバックグラウンドを想像できる。
(個人的には伊藤先生の部屋のカーテン越しに移る女性のシルエット…気になりましたわっ!!)
もうどこまで計算しているんですかっ、新海監督っ!!



あ〜っ、次回東京に行くチャンスがあったら、絶対に新宿御苑には行くよな。
…って既に聖地巡礼しているファンもいるようだけどさっ。



ブルーレイで「重力ピエロ」

2010.07.12 Monday

WOWOWでこの7月15日から16日まで、「岡田将生スペシャル」ってんで「ハルフウェイ」「魔法遣いに大切なこと」「ホノカアボーイ」そして「重力ピエロ」を放映するんですよ。

ワタシゃ岡田将生くんファンではなく「重力ピエロ」の春と泉水が好きなんです。
当然ながら「重力ピエロ」のDVDは購入したし。

…で、ここでハタと気づく。「重力ピエロ」はDVD販売はあったけど、ブルーレイはなかったんですよねえ。

果たしてBSデジタルで録画したハイビジョンはブルーレイに高画質に焼けるのか。

結論から言うと、レコーダーのマニュアルを読むとそれは可能であるとのこと。

んじゃ、一番の高画質で「重力ピエロ」を録画して、ブルーレイに焼いちゃえば、今もっている市販のDVDディスクの「重力ピエロ」より画質はきれいなのか。

え? え?
当たり前のことだけど、そうなるとDVDを買ったのって(それなりに楽しんでいるけど)、ちょっとどーよ?って気になるのですがぁ(^_^;)

岡田くんのほかの3作品はそれなりの画質ですが、早速「重力ピエロ」だけは最高画質での予約をしてみた。もちろん放映後は市販DVDと比較してみるつもりだけど。

これで自前ブルーレイディスクのほうがきれいなら、好きな作品のDVD購入はちょっと見合わせるかもしれないなあ…と思う今日。
しかしハルヒの憂鬱のブルーレイBOXはとりあえず予約しちゃったよ。(^_^;)


「重力ピエロ」聖地巡り報告その4

2010.05.01 Saturday

さて「重力ピエロ」聖地巡り報告もこれで最後となります。

2日目めお昼にはココと決め込んでいたお店に到着。

Emeals01 Meals01

もちろん、ジンジャエールを頼みました。映画と同様、お店の人が「甘口ですか?辛口ですか?」と尋ねてくれますので、もちろん「甘口」を応えたワタクシ。
こうしてみるとテーブルの配置が映画撮影のときと少し換わっていますね。

13時になってから、今度は壱弐参(いろは)横丁へ。
この店から徒歩5分ほどなので、駐車場に車を置いたまま、回りました。

E1231 Iroha01

古びた商店街のように思えますが、実はメインの商店街から入って抜けられる路地裏みたいな場所。シャッターが閉じた店も多かったのですが、意外に若いクリエーターにも開放しているようで、雑貨や革製品などのお店もあって面白かったです。

E123 Iroha02

そしてせっかくココまで来たのだからと、直接「重力ピエロ」には関係ないですが、「 アヒルと鴨のコインロッカー」のロケ地ともなった仙台駅まで足を伸ばして土産物を物色。

この後はV6コンサートで仙台セキスイハイムスーパーアリーナまでドライブがてら、また車を飛ばしました。
郊外は自然が多く、街中は都会で、住みやすそうな街という印象が強かった仙台です。
この街で、伊坂幸太郎作品が生まれているんだなあと思うと感慨ひとしお。千葉出身の伊坂さんが仙台に惚れ込む気持ちもわかるような気がします。

そしてホテルに戻った後にバーラウンジ゛「欅」(ケヤキ 泉水が葛城の煙草の吸殻をくすねたバー)に行く予定でしたが、2年ぶりのV6コンサートで疲れまくってしまったためあえなくダウン。そそくさとベッドにもぐったのはいいけど、早く寝すぎて夜中3時に目が覚めてしまった。…ってんで真夜中にiPodにて「重力ピエロ」鑑賞。ああ、なんて幸せなんだろう。

最終日、3日はやはりここも外せないってんで、松島に行って来ました。
朝7時出発で8時前には到着してしまった。

これは「ハチミツとクローバー」の竹本くんが自転車で立ち寄った場所というイメージがワタシにはあるのですが、気がつけば、これで三大名所の「京都天の橋立」「広島安芸の宮島」そしてこの松島と全部制覇したことになるじゃん。ああっ、日本人でよかったあ、ワタシ。

飛行機までの時間がまだあるので、せっかくなら海岸ベタを走っていこうと、七ヶ浜に目標を設定。そして七ヶ浜に向かう途中、これまた偶然にも「アヒルと鴨のコインロッカー」の本屋さんを発見。
思わず駐車場にて記念撮影。やっぱり仙台ロケだから、こういうことも多いんですね。
いや〜、なんか嬉しかったわ〜。

そして七ヶ浜。子供時代の泉水と春が遊んだ海です。本当は七ヶ浜花渕の別荘区域に、あの泉水と春の家があるのはわかっていたんですが、細かい場所まで特定できず。
ああ、あの別荘住まいの家も見たかったけどな、残念。

Eumi Umi

そしてこの後、12時過ぎの飛行機にて福岡へ。
これにてワタクシ、サト(る)の「重力ピエロ」聖地巡りの旅は終わりました。

映画一本でこんなに楽しめる自分がどれだけ幸せなのか実感できた旅でもありました。
また「アヒルと鴨のコインロッカー」や「ゴールデンスランバー」「ラッシュライフ」の映画も仙台ロケなんですが、やっぱり萌え度が大事なんでしょうねえ。

今回行かなった(行けなかった)ロケ地もあるので、また自分の中で「重力ピエロ」熱が再燃したら仙台に走ってしまうかも。

しかしこんなに素敵な映画を作ってくれた森淳一監督をはじめ、スタッフ、出演者の皆々様、そして原作者の伊坂幸太郎さん、本当にありがとうございます。
一ファンとしてこれからも「重力ピエロ」を愛していきます。

そして一番好きな泉水と春に。

また会おうね♪


「重力ピエロ」聖地巡り報告その3

2010.04.30 Friday

さてやっと仙台2日目の朝です。朝はすがすがしく6時30分起床。ホテルの駐車場の出し入れが朝7時から夜24時までなので、出発時間を7時に設定。
意外と旅先ではテンション高めで疲れますので、無理はしないことですね。たっぷり就寝時間をとって(自宅にいるときよりはちゃんと寝たっ)出発〜…と言いたいところだけど、実はこのホテルのまん前が「重力ピエロ」のロケ地でもありました。

Esushi Sushi

あら、やだ、ビックリ。実はこれまったくの偶然でして「じゃらん」でホテルを探すとき、ロケ地が集中している仙台駅近くで、駐車場のある格安ホテルを探して予約していたんですよね。おかげで2泊しかも駐車場込みで9700円と格安でした。
ああ、これも運命だったのかも〜と一人悦に入るワタクシ。撮影はもちろん朝7時。

次に向かうは大倉ダム。まだ雪が路肩に残っており、霧雨も降る悪条件。8時30分頃到着。

Edam Dam


ひとけもなくて、ちょっとコワイ雰囲気。通り過ぎる車からはなにやらイタイ視線が…。
ええ、わかってますよ。霧雨の早朝、デジイチ構える怪しいオバサンですから。

次に向かったのは、場所が確定していない泉水の家。ココはロケ地マップにも記載されていない場所です。
地図を片手にめぼしい場所を探しました。インターネットのおかげでこの場所を知ることができましたが、自力ではまず探し出すことは無理でしたね。(ブロガー・そうくさんに感謝します♪)
うううっ、見つけたときの感動はひとしおだ〜っっ。

Eie Ie01

「え?あの家って火事で燃えたんじゃ?」と言う台詞はお友達のTommyさんから。
確かに映画って虚構と現実の境がなくなりますよねえ。ちゃんと家は現存してましたよ。

Esaka01 Saka01   

そしてその次もロケ地マップには記載されていない「Gets Attacked」の場所。
「JRの車両基地の下に書いてある」と春がヒントをくれていますが、ここは、映画の風景を元に、川、JR車両、高架下でのキーワードで3箇所を候補に。一番最初に向かった場所がビンゴでした。

Ega Ga02

もうホントココを見つけたときには「あららっ?原町商店街のすぐそばじゃん」と思いましたが、映画のロケ班の方々ってスゴイですよね。もちろん地元のコミッションの方々の協力もあるんでしょうけど、もう映画と同じ風景を実際に目の当たりにしたときの感動といったら…。映画バンザイです。

Ega2 Ga01

そしてこのトンネルは偶然見つけました。「Gets Attacked」の高架下近くのトンネルです。

Etonneru Tonneru

オレンジ色の帯を確認するのに、iPodが役立ちました。(^_^)v

さて、いよいよラスト。報告その4をお待ちください。


「重力ピエロ」聖地巡り報告その2

2010.04.29 Thursday

さて引き続き、泉水と春の足跡をたどります。

春と泉水が訪れた放火現場のたまやばし。17時30分到着。

Etamaya02 Amerika

こうしてみるとカメラの位置の違いがわかるなあ。(^_^;)

ああ、でもこうして泉水と春のいた場所に来れただけでもハイテンション。気温は3度〜5度とのことでしたが、車で移動していることもあってちっとも寒くありませんでしたね。

Etamaya01 Tamaya03_2 

後ろに見える茶色の建物が高等裁判所です。この近くに泉水と春がいたレストランもあったのですが、これまた店は日没後でも回れるとばかりに次の目的に向かいました。

後々で考えれはもっと効果的な回り方もあったとは思うんですが、なにせ飛行機の到着が遅れ、なおかつ日没までの時間を思うと、夜の写真撮影でもよいところと場所が確定していない場所は後回し。確実に場所を把握しているところを先に回る段取りに急遽変更したのですよね。でも結果、それが正解だったと思います。

そして次は泉中央へ。ここから約30分なんですが、ああ、しっかりラッシュ時に捕まってしまいました。(-_-;) 到着したのは18時20分…。く、暗いっ。
ま、映画のシーンも夜なんでいいかと思いましたが、デジイチ撮影は感度1600で撮りましたよ。

Eago03 Eago04

Ago01

ああ、ここに泉水と春がいたのね…と一人身悶える怪しいオバサン。ええ、ひとけのないことを確認して、ちゃんと赤外線リモコンで自分の記念撮影もしましたよ。(爆)

Eago02_2 Ago03

当たり前なんでしょうが、映画のロケが終わったら、壁の落書きはすべて消されています。
あ〜、残っていたもっと萌え〜[E:heart04]なんでしょうけどねえ。ああ、残念だわ。

Eago01 Ago02

ココまできたら、さすがにお腹が空いてきました。仙台到着後、何も食べてないっ。(^_^;)
この公園近くにある泉中央のセルバに車を停め、「利久」にて牛タン定食をいただき。やっぱり仙台といえば牛タンでしょう。(爆)
セルバの駐車場は午後6時以降の入庫であれば、無料なんですよ。インターネットで下調べをしていた甲斐がありました。

そしてお腹が満たされたところで、泉中央のペデストリアンデッキへ。
映画の撮影ポイントはドコだ〜っ?ってんで、iPod片手に探しまくりました。ポイントはグリーンのライトっ。今回、iPod大活躍でした。

Enatu01 Natuko02

既に時間は20時過ぎ…。しかも小雨の雨の中、嬉しそうにデジイチを構えるワタクシ。
しみじみと映画(萌え?)の力って偉大だっ。
こんなにハマってしまってた「重力ピエロ」、まだ観ていない人は是非観てください。

Enatu Natuko01

この後仙台行きホテルに向かいましたが、本日約8時間車で移動しまくり。
さすがに夜はぐっすり。仙台のホテルはきれいで料金も安くてとってもお得感がありました。詳細は次のアップまでお待ちくださいませ〜っっ。


「重力ピエロ」聖地巡り報告その1

2010.04.28 Wednesday

いや〜、仙台の余韻からまだ抜け切れず、社会復帰の難しいワタクシ。
「重力ピエロ」のロケ地巡りがこんなに楽しいものとは。やっぱり萌え要素は大事ですね。ロケ地の写真を見ながら未だニヤニヤしておりますよ。

で、お約束の詳細報告と写真アップです。

4月17日到着当日は雪っ。(^_^;)えっ、桜は…?と桜の花を楽しみにしていたのに、仙台上空から見える景色は銀世界。かなり焦りました。幸い、到着時間には雪は止み、路面の雪も解けていたので、空港レンタカーでまずは最初の目的地、「多賀城スターレーン」へ。

当初は一番遠い大倉ダムへ行く予定でしたが、やっぱり物語の最初に出てくる春が落書を消している場所を見たくて、飛行機の遅れを取り戻すべく、ちょっと贅沢にも仙台空港から高速を使って仙台港インターまで突っ走りました。

ここは、春が落書きを消していた「Can」のボウリング場。到着時14時30分頃。
駐車場はそのまま多賀城スターレーンの駐車場に車を停めましたが、そこに撮影カメラが設置されていたことは言うまでもありません。

Ebow01 Ebow02

Can01

建物名の「Tagajo」が消えているのはおわかりです?
仙台市内でなく、近隣の多賀城市のボウリング場ですが、地元の方の情報ですと、このボウリング上には春を演じた岡田将生くんのサイン入りボウリングピンが飾っているそうです。

次に目指したのは「泉水が葛城のマンション後に涙を流した歩道橋」なんですが、場所はわかっているのに駐車場が見つからず(近所のオートバックスはセール日だったのかめっちゃ車が多く停められませんでした(ρ_;)うううっ、いつかリベンジしたい)
ココでかなり時間をとってしまった。駐車場とかを探していると15分〜20分ぐらいあっという間に過ぎてしまいます。
日没まで時間がないので、次に向かうことに。

そして到着したのがココ、原町商店街。時は既に16時。(^_^;)

Ehara01 Talk04

春が消していた「Talk」の落書のあった場所です。国道45号線から原町商店街に入るためには変則交差点にて、初めて行く人にはちょっとわかりにくいかも。
しかも一方通行のため、入り口を間違うとバックできないのでご注意ください。

放火現場の駐車場もすぐ横です。

Ehara03 Ehara02

Talk03 Talk02

本当はこの場所から映画クライマックスの「Gets Attacked」の落書のあるJR車両センターはすぐそばだったのですが、日没までの時間を惜しみ、先に確実に場所を把握しているところから…ということで、今回一番楽しみにしていた場所に向かいました。

そうです、冒頭の桜舞う中、春が校舎から飛び降りた場所です。

しかし一番その風景の変わり様にショックを受けた場所かも。Σ( ̄ロ ̄lll)
校舎が取り壊されたのはしっていたけど、ホントきれいさっぱりなくなってました。
事前にGooleのストリートビューで確認しておかなきゃ気づかなかったかも。

到着16時35分頃。

Esaku01 Esaku02

Haru01 Haru02

緑色のフェンスと桜の木、泉水の後ろに見えるガードレールで元あった風景を想像ください。あ〜、一番観たい場所だっただけに残念でしたわ〜っっっ。
桜もまだほんの少ししか咲いてませんでしたし。

次に向かったのは母・江梨子が幼い泉水と下った坂道。結構狭い変則交差点を入っています。4月だというのに、屋根に見えるは雪景色(^_^;) 仙台でもこの季節の雪は40年ぶりだったそうです。
ああ、もう17時だ。

Esaka Eriko01

この坂は映画のクライマックスでも泉水が駆け抜けています。
ただの坂なのに、泉水が走った〜ってなことで萌えを感じられるワタシって…結構幸せもんかも。

Esaku03 Izumisaka 

それでは次の報告2をお楽しみに。


「重力ピエロ」聖地巡り

2010.04.19 Monday

自分でも呆れるくらいに「重力ピエロ」にハマりまくったこの一年。
ついに映画のロケ地の仙台に行って来ました。
いや〜、もうこんなに幸せな旅は久々ですよ。ホントに楽しかった。
初めてレンタカーを借りて、旅先をぐるぐる回りましたが、インターネットとナビという文明の利器を使ってたので、短期間でこれだけのところを回れたと思います。

後日写真もアップしていきますが、取り急ぎ回ったところを自分用のメモのつもりで記載します。

以下、回った順序で記載。

(初日)
・春が落書きを消していた「Can」のボウリング場(多賀城スターレーン)
・泉水が葛城のマンション後に涙を流した歩道橋(日の出町歩道橋)
・春が消していた「Talk」の商店街(原町商店街)
・高校生の春と泉水の登場シーンの桜のある校舎跡(三女高)
・母・梨江子と赤ん坊の泉水がベビーカーで通りすぎた坂道(八木山松波町)
 (または泉水が春を追って駆け抜けた坂道)
・春と泉水が訪れた放火現場のたまやばし(評定河原橋)
・泉水と春が放火犯を張り込んでいた公園(泉中央四丁目公園)
・「Ago」の落書があった中古CD・レコード店(J&B)
・泉水が夏子さんから春の真実を聞かされた場所(泉中央ペデストリアンデッキ)

(2日め)
・放火現場「Ants」の古着屋(Utah・橘寿司)
・泉水が葛城に電話を掛けたダム(大倉ダム)
・泉水が春を追って下った坂道(北山)
・奥野一家の赤い屋根の家(北山)
・泉水と夏子さんが駆けつけた「Gets Attacked」の高架下(JR車両センター)
・泉水が駆け抜けたトンネル(JR車両センター)
・泉水と春が放火の張り込みについて語ったお店(MEALS)
・放火現場を尋ねる商店街(壱弐参横丁)
・放火現場の「Go to」理髪店(壱弐参横丁)

(3日め)
・泉水と春が遊んだ海辺(七ヶ浜)

2日めはご存知の通り、V6コンに行く前に回りました。
3日めは朝から松島にて観光の後、仙台空港に向かう途中で七ヶ浜に寄りました。
ついで偶然ながらも「アヒルと鴨のコインロッカー」の本屋も見つけましたよ。

あ〜、幸せな旅だったわ。
もちろん旅先の仙台でも「重力ピエロ」の映画を堪能しましたが、また改めて小説と映画を楽しみたいもんです。



| 1/4PAGES | >>