カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

           
 

絵がうまくなるコツ

2012.11.04 Sunday

熊本県合志市主催の「こうし響創塾」に参加してきました。
11月から3月末までのワークショップですが、第一回は現役アニメ監督のヤマサキオサムさんがゲスト。
初回の昨日は開講式から今後のスケジュール、またヤマサキさんによる講義で13時から18時まで濃い内容でのワークショップでした。

特に現役のアニメ監督さんから講義をきけるなんて、このローカル熊本ではそうそうないこと。
いろいろとお役立ちの話を聞くことができました。

もう端的に言いますと、アニメーションのキャラクターというのはアニメーターさん皆が描けるようにデザイン化されたものなので、訓練すれば皆が描けるようになるもの、だそうです。(^_^;)
いや、実際描けないから悩む…というのはあるけど、「量をこなせば質に転換する」とのお話でした。

実際来年はアニメーションを使ったボカロ動画を作りたいと考えているワタシとしては絵が描けてナンボの話。
そうそう動画までやってくれる絵師さんが見つかるとは思わないので、自分でやるしかないんだよねえ。

で、絵がウマくなるコツをご伝授いただきました。

好きな漫画家さんやアニメーターの絵を模写する、ですよ。
で、うまくいかない場合は、その原因を考える。最近はマンガの描き方なる本もあるから、解決策はちゃんと本に答えが載っているというわけです。
やり続けると絶対にある瞬間にウマくなる。ちょっとずつウマくなるのではなく、自分の描きたいと思う意識レベルと技術があるとき合致するというのです。自分の絵に納得できないときは、自分の描きたいと思う意識と実際の絵にギャップがあるから、だそうで。

継続すれば、ある程度は描けるようになる、才能なんてものではない。ただアニメに限らず、自分が楽しいことではないと続けられないということですから、自分の楽しいというモチベーションをいかに持ち続けるかですよねえ。

で、好きな絵を模写したら、次は好きではない漫画家さんやアニメーターの絵を模写する。
もともとアニメーターは自分の絵を求められているわけではなく、他人が描いたキャラクターを描いていくもの。苦手な絵も描くことによって、自分の絵の幅も広がる…というのです。
うむむ、確かに。なんか説得力あるなあ…。
もちろん、継続するには自分との葛藤があるわけですが、トライ&エラー。継続は力なり、ですね。

というところで、とりあえずワタクシも模写をはじめました。
毎日ってわけにはいかないけど、とりあえず、3日頑張りましょう(^_^;)

Yoko1104

グレンラガンのヨーコさん。
色つけるのめんどくさい。これだけで30分以上掛かってるよ…orz
明日からは線描きだけにしよう…ってもう砕けてるジャンっ。(^_^;)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック