カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

           
 

Star Light 制作話

2013.05.04 Saturday

久々のボカロ動画アップですのよ。(^_^;)
いやもう、なんだかんだと、2月・3月はバタついてて動画作業ができなかったので、
4月からのボカロ動画を再開。

既に3月前から依頼の打診があったので、ワタシが動画制作ができない期間に
絵師さんにイラストを描いてもらい、4月に入ってからまとまったデータをもらった。
だもんで、実はこの他にもあと2本のボカロ動画は出来ている。
(あとの2本は音楽師さんからのMIX待ち…)

とりあえず今回はもう絵師さんのお陰というくらいにスムーズに作業が出来た。
絵師さんがちゃんと動画をわかってくれている人なので、
イラストデータもレイヤーに分けるところ、統合するところ…といった具合にやってくれたので大変助かった。

愚痴をこぼすけど、その前の絵師さんがかなり酷くて
レイヤー分けがなんたるかわかってない人だった。
最近のイラストにありがちなテスクチャーのオーバーレイを使っていたのだが
(このテクニック自体を否定するものではないけど)
オーバーレイのレイヤーを掛けるのが人物、背景と中途半端。
だもんで、人物を切り出すと背景には人物分のテクスチャーが掛かってないので色調がソコだけ異なる始末。

をいをい、背景は背景として独立させて使えるようにしておけよ。(ーー;)
こちとらPhoto Shopのプラシツールで必死に修正したわさ。
本人、気づいてんかね〜?

しかも中途半端な手首のイラストは寸足らず(爆)
書き直し依頼もなんだかな〜と思って、現在の手首サイズで動かしたら動きに不満だと。
いやいや、もともとのイラストを肘までのサイズで描いてくれればそれなりに動かせるんですけどぉ?(^_^;)

このあたりが最初から動きを意識してくれている人と何もわかっていない人との差を感じてしまうなあ。
そういう意味では今回のsa-o-riさんはさすがにプロです。ちゃんとわかっていらっしゃる。
先日動画制作を行った絵師さんもそうでした。

動画のデータとしてのレイヤーの分け方を十分に熟知している人でしたね。
いつもそういう絵師さんとなら、制作が楽しいのになあ。

でも気づいたことがひとつ。
やっぱりコミュニケーションがとれる絵師さんはちゃんと動画を作るに当たり使いやすいデータをくれるね。
取れない人ほど、めちゃめちゃなデータが送られてくる。

少なくてもコミニュケーションがヘタとか苦手とかいっている絵師さんはダメですよ。
結局は依頼者の要望を聞き取れないということでしょ?絵の技術以前に、求めるものが出て来ないんじゃ話にならない。
あと締め切りが守れない、連絡がとれない人もクリエーターと名乗るべきではないかもね。
連絡がないとクライアントならすぐ切りますよ。

無償の作業だから連絡しなくてもいいとか思っていたら大間違いなんだけど。
そこをわかっていない人も多いけど、

とにかくワタシは気持ちよく動画制作作業をしたいだけ

なんですわ。無償の作業だからこそ、求めるものはソコでしょ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック