カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

           
 

言の葉の庭

2013.06.05 Wednesday

新海誠監督の「言の葉の庭」が現在公開中である。





福岡の劇場まで行けない〜と嘆いていたら、な、なんと映画公開日にiTunesでデータ配信やっているじゃありませんかっ!!
即、大人買いっ。もちろんHD(頒布価格2500円)のほうで。



正直、iPod touchにデータを入れるならSD規格(頒布価格2000円)のほうかなあと迷ったけど、でもまあやっぱり少なくても23インチのパソコンモニタでしっかり見たいもんだから、HDのほうにしましたけどね。
(とか言いつつ、ブルーレイ版も買いますけど…⇒特典でビデオ絵コンテがついてます)



ところがさすがiTunesというべきか、HD版を買ったら、ちゃんとSD版もついてまして、iPod touchでも「言の葉の庭」を観ることが出来ました。ををををっ、これで2500円ならかなりお得ですよ。
(既に5回はリピートしてみてるから、1回500円分にはなってる(爆))



今回の「言の葉の庭」、今までの作品の中で一番好きかも。
もともと「彼女と彼女の猫」からファンであったけど、今回の映像美は圧巻の一言。



しかも「雲のむこう、約束の場所」のような難解さ(爆)はなし。
「秒速5センチメートル」に近い位置づけだけど、ストーリィ自体はもっとシンプル。
誰にでも持ちうる年上の人への憧れが基盤になってて、ワタシゃキャメロン監督の「タイタニック」や「アバター」に近い作品だと思いましたわ。

「タイタニック」も「アバター」もストーリィ自体はすごくシンプルでわかりやすい。コレって国に関係なく、誰にでも共感をもってもらえる内容なんだわ。
で、それを圧倒的な映像で物語を進めているわけで。

もうなんていうか、スゴイすぎるわっ。
しかも今回の「言の葉の庭」って絶妙な46分の長さ。
コレって一時間弱なので、テレビドラマのコマーシャルをすっ飛ばした時間に相当する。
つまりはワタシにとってはリピートしやすい時間設定なんだわ。
(通勤時間も1時間弱ですもんね)



映像が美しいから見飽きない。ストーリィがシンプルだから、感情移入がしやすい。
またヘンに細かく説明していないから、行間を読むような感じで、登場人物たちの描かれていないバックグラウンドを想像できる。
(個人的には伊藤先生の部屋のカーテン越しに移る女性のシルエット…気になりましたわっ!!)
もうどこまで計算しているんですかっ、新海監督っ!!



あ〜っ、次回東京に行くチャンスがあったら、絶対に新宿御苑には行くよな。
…って既に聖地巡礼しているファンもいるようだけどさっ。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック