カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

           
 

夏目聖地巡りだよ

2013.11.09 Saturday

夏目聖地巡りと称してアニメ「夏目友人帳」の舞台モデルの人吉に行ってきました。
うっすらと小雨模様はあやかしの雰囲気にピッタリ。熊本市内とは確実に違う風景にただ、ただ見入ってました。
大畑(おこば)駅、田町菅原天満宮、人吉駅、晴山バス停、天狗橋と、夏目聖地巡り初心者としてはなかなかの選択で十分に夏目の世界観を楽しめました。

まずは大畑駅。「おこば」なんて普通は読めません。しかもこの駅はかなりの山の中。まずはナビ必須の場所です。(^_^;)
地元のドライバーだからこそ山道も走れますが、都会から来れられる方は無理しないでタクシー利用がいいのでは?という狭さです。まあ、運転に慣れている人ならかろうじて離合できるエリアもあるからいいのでしょうけど。
しかも無人駅…と思いきや、駅管理のご夫婦が「夏目ですか?」と声をかけていただき、その昔蒸気機関車が走っていた路線でもあると教えていただきました。
今もかなりの鉄道ファンからは支持されている大畑駅。3〜4時間に1本の列車到着にタイミングよく居合わせましたが、降車客の多さにビックリ。しかも停車時間2〜3分でまたすぐに発車しちゃったので、これまたビックリでした。
駅構内のニャンコ先生


で、ちょっとアニメ風にしてみた…(爆)
アニメ風大畑駅構内

何でもこの駅構内に名刺を貼ると出世するという言い伝えがあるとか。なんともあやかし的な雰囲気がとってもいいですよ。

で、次はアニメ「夏目友人帳」のオープニング映像でも有名な田町菅原天満宮。
思いのほか、ちっちゃな神社ですので見落としがちですが、事前に場所をチェックしておけば大丈夫ですよ。またオープニングの時にはあった神社横の倉庫のような建物は今はなくなっていました。また、この鳥居側にある果実がアニメのオープニングにもちゃんと描かれてましたが、実際に果実がなっていてかなりの感動もんでした。

なぜか菅原天満宮なのにニャンコ先生が奉ってありました。



ニャンコ先生の絵馬が人吉駅などで販売しています。事前に購入してから行くといいですね。(ワタシらは買い損ねた…(^_^;))

またまたアニメ風に。

人吉駅にはニャンコ先生と田沼の声を担当井上さんと堀江さんのサインもあり。
また人吉夏目マップも駅構内の観光案内所で配布しております。

ニャンコ先生のだるま…可愛すぎる…。

そのあと昼ランチを取ってから、晴山バス停に向かいました。国道沿いなのでわかりやすいと思いきや、アニメで見ている角度とは異なるので、2回も素通りしてしまいましたわ(^_^;)
こちらも写真を加工してアニメ風…。(くどいっ)


またこちらに向かう途中には「トトロの森」の名称でも知られる雨宮神社もありました。

もう少し時間と天候に恵まれていれば雨宮神社も遠景ではなく、参拝したかったですけど、今回は見送り。
でも本当にトトロがいても違和感がない風景ですね〜。

最後は天狗橋に向かいましたが、地理的に言えば、大畑駅から天狗橋のほうがよかったかなと後から思いましたが、自由きままな女二人のドライブでしたので、かなり楽しめました。

この天狗橋、自転車と歩行者しか通ることが出来ませんので、ご注意。
おおおおっ、ここが夏目や田沼が歩いた道ってヘンにテンションがあがります。また車の止める場所がありませんので、こちらもご注意くださいませ。

同行者の実和子さんとも話していましたが、人吉は「散歩」していてる人々が多いように思いました。都会の気ぜわしさとは無縁で穏やかな時間が流れている街ですね。

あと実際の外観とアニメでは反転されて利用されているとのことです。だから、アニメ風も反転してみました(爆)


いや〜、なんだかんだとあちこちに「あやかし」がいそうな雰囲気はさすがに人吉って感じでした。
熊本とはあきらかに空気が違う。
また春の季節に行ってみたいですね〜。


 


コメント
アニメ加工かっこえええ!
(*´ω`*)お世話になりました。楽しかったですねー。
最初に行った大畑駅のインパクトが強くてテンションあがりっぱなしでした。色々ディープだったあの駅w
また行きたいですねえー。
  • 実和子
  • 2013/11/10 10:33 AM
先日はどうもありがとうございました。
ええ、もう本当にテンションあがりっぱなしでしたね。
今度は春先にでも今回行けなかった所に行きたいですね〜。
他にも面白そうな聖地がありましたら行きたいなあ〜。
  • サト(る)
  • 2013/11/10 11:40 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック