カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

           
 

「めんまののろい」と言っては申し訳ない

2014.04.05 Saturday
どもども。すみません。
更新が滞っておりました。もっともひっそりこっそりのブログなんで、別段謝る必要も自分に言い訳する必要もないけど、最近文章を書かないと創作意欲も知識も増えないことを痛感してます。
年齢のせいなのかな?(^_^;)

とりあえず、ちゃんとやりたいことのゴールを文章としてまとめないと、もう自分がどこに向かっているのか、ナニをしたいのかがわからなくなってしまいます。
ひとつは更年期で体の仕組みが今大きく変わりつつあるんだろうという自覚はあっても、この体のだるさや鬱的な気持ちが本当に更年期のせいなのか、自分の怠惰からなのか、はたまた未知の病にかかっているのか、これまたさっぱりわからない。

わかっているのはとりあえず常に体のだるさとモチベーションのあがりきれない鬱々とした感情のみ。 そんな自分を振るい払うがごとく、とにかりモチベーションのあがりそうな映画や本やアニメなど、自分の好きなものを見続けている日々。

正直文章を書くのがかなりかったるくなっている。
これじゃダメだよなあ。

最近面白いと思ったのは「dアニメストア」。
もともとお友達の実和子さんからお勧めを受けていたけど、上記のことからここのところのアニメ一気見がプチブーム。

「涼宮ハルヒ」を3日かけて垂れ流しで見ていたことをきっかけに(ちゃんとエンドレス∞も含めて垂れ流ししてた)、先日は2日かけて「のうりん」一気見。
その間に実和子さんと夏目の聖地巡りと称して市房ダムに桜を見に行ったら、これまたハマっちゃいましたよ。
もう桜がめっちゃきれいで、そのうえ夏目のアニメにまで出てきたダムや一武八幡宮の再現がもうツボですよ。
アニメで見た風景が現実にあるのは、ある意味コスプレやっている人の感覚に似ているのではないだろうか。
虚構の世界とは認識してても、聖地めぐりは疑似体験できるんだもん。ああもう、たまらん。
…ってなところで、夏目のアニメをまた見たくなったわけだけど、DVDに見るにしてもパソコンとかテレビとか非常に面倒くさい状況だったけど、手持ちのタブレットのNexus7でアニメが見られるってスゴイよねえ。
まあ大きな声では言えないけど、違法にアップロードされたサイトってもそれなりにあるのは知ってますよ。けど、やっぱりそれはきれいな画質でちゃんと順序良くアニメを再生したいって要望にかなうものではないわけで。
ちゃんと見たいな〜と思っていたところに「アニメ」で「定額」で「見放題」という「dアニメストア」はワタシの要望にちゃんと応えたコンテンツであったわけですな。
もちろんすべてのアニメに対応しているわけではないけど、興味あるアニメはそこそこあって、しかも税別定額が400円なら、DVDをシリーズで借りるより安い。
しかもレンタルショップに行く必要がないのも当然だけど、ガラケーでも「dアニメストア」登録可能で、タブレットでもパソコンでも閲覧可能。(やってないけど、iPod touchでも見られるハズ)

でね、一番すごいのは自宅で見たいアニメのデータをDLしておけば、48時間は認証しなくてもアニメ再生ができるってところ。

つまりは外出先でネット回線不要でアニメが見られるってところですよ。

我が家はWiMAXはエリア圏外だし、実家もXiサービス利用不可のエリア。
きゃっほいっ、これってパケット代を気にせずに閲覧できるってすごいわ〜。やっぱり外出先で動画を見ようと思うと回線のつながりが悪かったりして動画が途切れることも多いんだもん。しかも月1GB契約のXiサービス利用のワタシとしては外出先での動画閲覧はかなりの無理がある。
それを気にせず利用できるなんて天国っ!!

…そう思っていたのは一昨日まで。
ああ、自分の性格を忘れていたよ。このハマりやすいドツボな性格がちょっと憎い。

いやあ「dアニメストア」でうわさの「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」を3日かけて一気見してしまったわけです。
元は大好きな新海誠さんの新作「Z会」の「クロスロード」をみて、その際田中将賀さんがキャラクターデザインと咲作画監督されていたわけで。だもんで、ついぞの田中さんの作品「あの花」(「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の略称)を見ようと思いたったわけで。
ぶっちゃけ熊本地方の「ノイタミア」ってホント真夜中放送だし、週ごとに放映時間が変わることも多いので、あまり見る機会ってないんだよねえ。(^_^;)ハチクロも結局DVD借りてみてたし。
 だもんで、その評判振りもほとんどしらないままに、「あの花」を見たわけですな。

なに?なによ、このアニメっ!!!…ってなくらいにストーリィの秀逸さとともに作品の美しさ、アニメとしての出来のすごさにビックリ。
げ〜っ、なんでリアルで見てなかったんだろ?ワタシと自分を激しく責めてしまいましたわ。
いや、でも一気見でよかったかも。こんなの毎週見せ付けられていたら、死にそうに切なくなってたわ。
すでに4話で号泣してたもんっ。(ToT) 昨年の夏は劇場用アニメも公開していたんだよね。ある意味リアルでなくてよかったかも。

…って気がついたら、るぶぶのムック本「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」を購入してたわ。


しかもコミックも買っていた。


極めつけは「あの花」の劇場版を見たくて夜中にレンタルショップに走ってしまったんだわ。
残念ながら劇場版はレンタル中で貸し出しができなかったんですけど、めんまののろいはここから始まったわけで。

翌日、自分のケータイがないことに気づいて、自宅電話からケータイに電話するけど「電波の届かないところか電源が入っていない」とのメッセージ。すでにここでもういやな予感。だってケータイの電源を切るはずないもん。
しまった、これは落としたぞとすぐに判断して、昨夜のレンタルショップに電話してみたら、ああビンゴ。
どうも駐車場にケータイを落としたらしく、しかも車に轢かれてしまった状態だったんですわ。
ケータイは悲惨にもまっぷたつ。ここまで破壊されたケータイ見るのってドラマしかないと思ってたけど、現実あるものなのねえ。もう笑うしかないけど。
息子は息子でケータイを祖父母ん家に忘れてきて、「電話にまつわるめんま(「あの花」のヒロイン)ののろいだ〜」と親子で騒いでいた。

もう「あの花」でどれだけ散財しているのよって自分にツッコミいれたくなったわ。(^_^;)
幸いにケータイは車に轢かれ、雨にぬれてたけどUIMカードやSDメモリは無事でしたので、とりあえずバックアップ用にとっていた昔のケータイにUIMカード突っ込んでみたら、無事電話機能やメール機能は使えることが確認できたのでホッとしましたけどね。
しかし昔のケータイなんで、メールの送受信にかかる時間とか、文字制限とか、あとデータのバックアップの互換にあたり、ドコモのdatalinkのソフトが昔のケータイに対応してなくて四苦八苦。
やっぱり白ロムの中古ケータイを探すしかないかな〜。

「めんまののろい」と言っては申し訳ないけど、これで秩父まで飛んでいったら、もうやっぱり散財するのろいでしかないと思うような秀逸アニメでしたわ。

コメント
お疲れさまですー(´▽`)先日はお世話になりました!お天気も季節もばっちりでしたよねー。
しかし最近、私もダルくてテンションあがらないです。季節のせいか歳のせいか。。。
dアニメ、「セカコイ」とフォロワーさんおすすめの「喰霊」見始めました。いいですよねdアニメ・・・数話見たら充分元がとれる!BLはレンタル借りづらいので良かったw
  • 実和子
  • 2014/04/06 11:06 AM
どうも、先だってはそちらこそお世話になりました〜っ。めっちゃ楽しかったですよね。
近々夏目聖地巡礼第三弾ってことで、近場の松橋とか八代とかにも行きませんか〜?
そしてdアニメの情報もありがとうございました。かなりハマってます。
で、今見てるのは西洋洋菓子骨董店〜アンティークです。
やっぱり内容はホモォ…ですね(^_^;)
  • サト(る)
  • 2014/04/06 6:45 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック